フォトブックのページ数

何ページぐらい必要?

最近は写真を使ってアルバムを作るというよりは、スマホやデジカメのデータをそのままフォトブックに仕上げるパターンが増えています。お値段もお手頃で作れるお店もたくさんあるので、試しに作ってみるのもおすすめです。せっかく作るのだから、なるべくたくさん写真を使いたいと考えるのは自然ですが、実際に何ページぐらいあれば満足できるのか疑問も沸くことでしょう。少ないページだと6~24ページ程度ですが、多くなってくると100~120ページと圧巻です。たくさんページを使いたいと思うかもしれませんが、編集作業が非常に大変です。途中で作業に飽きて挫折する可能性のことを考えると、最初のうちは少な目のページで作ることに慣れるのを目標にしましょう。

品質とのバランスをチェック!

フォトブックもページ数が多くなると値段が高くなりますが、少量のページだと簡単に作れますし値段もリーズナブルになってきます。日常使いする分には、少量ページの方が実は気楽に作れて楽しいですし、何より料金的に負担を感じにくいという特徴もあります。お店によって使える紙の種類や製本の仕方も異なるので、ページ数などを決めたら印刷方法がどうなっているのかも見ておきましょう。ページ数の制限だけでなく、場合によっては使える写真の枚数が決められていることもありますから、確認しておくと作業がスムーズです。自分たちでもしっかりと出来上がりがどのようになるのか確認することで、満足できる一冊を仕上げてもらうことができます。