写真を撮ることは好きだけど、整理することが苦手な方は多いです。もしも写真の残し方について悩んでいるならば、これから効率的な方法を紹介していますから、参考にしてください。コツをつかめば、誰でも上手に整理することができます。

アプリの活用

撮影した年代や日付で整理

気軽にスマホなどを使って写真を撮っていると、いつの間にか気がつかないほどにたくさんのデータがあって驚くこともあるのではないでしょうか。いざ膨大なデータを前にすると整理整頓も大変なので、普段からこま…

テーマごとにフォルダを作る

スマートフォンは便利ですから、写真を撮りたいと思ったらいつでもポケットや鞄からさっと取り出して撮影できます。気軽さがあるのはいいのですが、その反面あっという間にずらりと並んでいて、見返すにも一苦労…

被写体で分ける

写真の被写体をチェックしよう

楽しく写真を撮っていると、いつの間にかたくさんあって整理しなくてはいけない状態になってしまいます。フォルダに分けて整理していくときに分け方で困ったら、どんな写真があるのかをざっと見て被写体で分けていく方法もあります。大まかに人物や風景としてざっと分けつつ、さらに細分化していくと分かりやすくなります。人物でも、自分や家族、友人などに細かくしていくことができますし、風景なら植物や空、建物などいろんなわけ方ができます。慣れない内はフォルダの分類に迷うこともあるかもしれませんが、何度か慣れてくると作っておきたいフォルダなども出てきます。様子を見ながら適宜名前を変更してもいいので、自分なりの整理方法を見つけていきましょう。

分類は分かりやすさを徹底すること

撮り貯めた写真を分類していくのに慣れてくると、段々と作業をすることも苦にならなくなってきます。整理をしていると、時折見返していてよく分からないフォルダや写真が見つかることがあります。不要なら他の分類に入れなおしたりするかまたは削除しておきましょう。こまめに整理していてもどうしても出てくるので、そのままにせず定期的に削除していくのも上手な整理をするためには必要不可欠です。いらない写真をいつまでも取っておいても仕方ありませんから、削除したくない場合にはパソコンやクラウドに保存しておいてから本体のデータを消すやり方もあります。綺麗に整理しておくと自分で見直したときにも分かりやすいので、頑張って整理整頓を心がけましょう。

フォトブックの利用

写真を形に残したいなら、フォトブックを作る方法が適しています。本を読むように、写真を眺めることができるからです。こちらでは、初めてフォトブックを作る方でも分かりやすいように、注文するための秘訣を紹介しています。

写真をリストアップ

リストアップする場合には、写真のテーマを決めてリストアップすることが見やすいフォトブックを作るポイントです。子どもの写真を使ったフォトブックを作りたい、というのであれば、出産から1歳になるまでの期…

フォトブックのページ数

最近は写真を使ってアルバムを作るというよりは、スマホやデジカメのデータをそのままフォトブックに仕上げるパターンが増えています。お値段もお手頃で作れるお店もたくさんあるので、試しに作ってみるのもおす…

料金と納期をチェック

フォトブックを作ってくれる業者はたくさんあるため、どこを選んだら良いのかわからないというケースもあります。そんなときに決める基準の一つとなるのが、料金になります。一般的なフォトブックを作るときの価…

いろいろ使えるフォトブック

フォトブックは自分で撮った写真をいくつか選んでデジタルアルバムにしたものです。結婚する友達や、大学のサークルを卒業する先輩に、思い出を贈る人がいます。